看板の種類

正面看板

設置場所
入口正面壁面など
看板の効果
店舗のイメージをお客様が掴みやすいのと、スペースが比較的多くとれるため、商売の内容などを入れる事ができます。お客様の集客効果も期待できます。

 

袖看板

設置場所
ビル壁面
看板の効果
建物に対し直角に設置されているため、歩行者および車両などからの視認性に優れています。特に初めての方が2階以上にある会社や店舗などを見つけるために大切な看板になります。

建植サイン

設置場所
植え込みや敷地内空きスペース
看板の効果
植え込みなどに設置できるため、比較的車両・二輪車などの出入りに影響がなく、車両・二輪車の運転者や同乗者、または歩行者などにより良く見えるサインです。

ポールサイン

設置場所
敷地内空きスペース
看板の効果
ビルなどの敷地前に駐車スペースなどがあり、袖看板では視認効果が弱い場合は、敷地道路側に設置して、視認性などを高められます。

オリジナルイラストサインや木製サイン

設置場所
店舗壁面や店内など
看板の効果
遊び心のある、自由な形が作れるので、店舗や会社のイメージを効果的に伝えることができ、飲食店などに効果があります。昭和レトロ風に仕上げることも可能です。

 

昭和レトロ看板も作れます

手書き看板は扇堂の原点です。先代が開業できたのもこの手書きの技術を持っていたからです。ご要望があれば、昭和レトロ風看板を今でも製作することができます。